2022年12月5日月曜日

竹輪、餅、チーズの重ね焼き

−5℃、霧に覆われた朝。樹々には霧氷の花。
ルーチンの散歩の後は、食事の支度。朝食は丁度、朝ドラと重なる。片付けが終わるのは9時。簡単に掃除をしてFBを書いて10時。11時10分から10分間、英会話。そして11時40分、昼食の用意。今日は何気に見ていた料理番組で閃いて竹輪、餅、チーズの重ね焼き。竹輪上部を縦に切り、開く。ネギのみじん切りに塩を振り、切り餅を四当分に切って焼いたものを詰る。とろけるチーズを載せ、オーブントースターで焼く。これが結構いけて、昼食の定番にできそう。昼の片付けの後、冷凍しておいたカリフラワーでピクルスを作る。

午後は、テーブルに寝かせていたスプーンのカタチを整える。
しっくり来ないモノは目の届くところに置き、時々手にとって眺める。カタチを考える。そしてある日、削りたくなる。そしてまた眺める…。

夕食は「鶏のスペアリブのハーブ焼き」。
これに合わせようと「キャベツの胡麻酢和え」を作る。それと味噌汁。これだけ作るのに一時間半。どうもまだまだ手際が悪いようだ。なので、メイン一品料理ですますことが多い。

竹輪、餅、チーズの重ね焼き、

カタチを整える。

鳥のスペアリブのハーブ焼き。


2022年12月4日日曜日

ルーチンワークに狂い無し。

5時に起きて、6時までPCに向かう。
ヘビーなストレッチの後、散歩に出る。風が強く、木立をざわつかせて吹き抜けていく。帰り道、雲間をこじ開けるように陽射し。それもまた雲に阻まれる。

朝食を済ませ、片付けを始めた頃から、青空と陽射し。その陽射しが部屋の奥深く入り込む。
昼食はポテトサンド。夕食は「鶏のスペアリブ生姜照り焼き」美味しくできた。

年賀状のデザインを進め印刷に入稿。








2022年12月3日土曜日

調子の狂った一日。

「ラジオが鳴ってない…」、カミさんの声で目覚める。
熟睡してたわけではない。目覚ましのFMが聞こえてくるのを待っていた…。6時50分、大幅に寝過ごした。「BOSEめ!」と言いたくなる。何があったのか分からない。とりあえず洗面の後ストレッチ。散歩に行ってる時間はないので、止めて、朝食の支度。

陽射しと青空で晴れ。
午前中は、凍結防止帯の差し込みの点検と掃除。昼食は残りごはんとキムチで、キムチチャーハン。午後は、二人で庭を散歩。風があって、少し寒い。早々に引き上げて、BOSEをアレコレいじくり回していたら鳴り出した。時計を合わせ、目覚ましをセット。明朝6時にちゃんと起こしてくれたら、良しとする。

夕食は「食べればたこ焼き」3回目。美味しくできた!。
「アラジンの炎が赤くなってる…」とカミさん。「ああ、今朝、灯油の補給をしてなかった!」。スタートでつまずいて、調子の狂った一日。

朝。

昼食は、キムチチャーハン。キムチが酸っぱくなってしまい
カミさんにはイマイチだったようだ。

陽射しが弱くなった午後、少しだけ散歩。

夕方の向かいの山。


2022年12月2日金曜日

食料買い出し。

天に月、星が瞬き、里の灯りが煌めく。18時の気温−4.5℃。

食料の買い出しで里に下りる。
まず図書館。「ベスト・エッセイ」に手間取って、まるで読めなかった「カーテンコール!」を延長してもらう。新しいレシピを仕入れたくて「きょうの料理」(2021年12月号)を借りる。おせち料理も載っている…。司書お二人と、しばしお喋り。

ガソリンスタンドに回り、いもっこ、アイシティ、つるやで食料買い出し。
ジラソーレ・カフェで昼食を済ませて帰宅14時15分。年賀状のデザインを進める。

朝、湧き上る雲。

夕食は酢飯を作り手巻き寿司。いぶりがっこ、長芋も。


2022年12月1日木曜日

良いところなのに…、勿体無い。

12月に突入し雪化粧の朝、−3.5℃。一日曇り。
午後、ナカガワさんに広報を届ける。ちょうど外に出られていて、しばし立ち話。何時も決まって話すのは、清水高原別荘地の事。「こんな良いところなのに…、勿体無い」との想いは共通する。買い物は、20分でショッピングセンター・アイシティ、つるやに行ける。村内には医療機関も充実。波田の松本市立病院(総合病院)にも20分。ただ、冬になったら、ここ(スカイランドから上)まで救急車は上って来られないかも、と不安材料もあるが…。「移住政策」にしても「観光政策」にしても、ここ(清水高原)を「ウリ」にしたら良いのに…、と想う。おもしろい(?)村になる気がする。

トモコさんが暖かいコーヒーを出してくれた。
一杯いただいて、寒くなってきたので失礼する。これで、皆さんに配り終わった。ご近所さんとは、せめて一ヶ月に一度くらいはお喋りがしたい。

12月に突入して、やり残した事が覆いかぶさる。



2022年11月30日水曜日

縄張りの主張なのか…、キツツキ。

5℃と暖かな朝、小雨降る、未だ暗い中を散歩に出る6時45分。
「カンカン」と大工さんが造作をやっているような高い音、Fさんの別荘から…。近づいてみるとキツツキ。穴を開けられて、修理されたばかりのようなのに。Fさんにとっては腹立たしいこと。帰り道、Mさんの家にまわり、軒下を覗くと南側に3個、北側に1個の穴を見つける。これもキツツキの仕業に違いない。確認できたのは、これで3軒。もしかしたら、もっと被害があるかも。気が付かなかっただけなのか…。今まではこんなことなかった、と思うのだが…。個体数が増えたかな。「縄張りを主張するため、音を出している」との情報も。音だけで言ったら、木を叩くのに比べたら、音は高い。

午前中カミさんに付き添って、里の病院へ。先日撮ったCTスキャンの結果を聞きに。
ハッキリしたところは分からず、もう少し様子を見ることに。一つのことから気がかりな事が連鎖するように出てくる。私たちは、そんな歳頃なのだろうか。せめて、私が健康でいなければ…、と強く思う。アイシティに立ち寄り、クリーニングを出す。お昼近くになったので、田吾作のお弁当を買って帰る。


お昼の東山。

キャッチが「毎日食べても飽きの来ない味」
のカレーを作る。夕食で。


2022年11月29日火曜日

特に用があるわけでもなく…。

暖かい朝、5℃。小雨。そのまま一日。
東京に住む別荘の友人から電話をもらった。半年ぶりくらい…。もう何年も来られていない。色々事情はあるみたいだけど…。同年代で、物事をはっきり言う人柄が気持ちいい。年に二度ほどのやり取り。特に用があるわけでもなく、しばし雑談をしてサヨナラ。

暗い朝。

つい…読み進めている「ベストエッセイ」
装丁が好き。イラストに惹きつけられる。
Yoriさんから案内2枚。