2022年6月30日木曜日

懸案事項、クリア。

16.5℃の朝、青空が広がり陽射しが強い。昼間は25℃まで上昇。
道端に咲いたササユリ、二輪見つけた。ヤマモトさん家も咲いた。我が家も一輪…。

気合いを入れないと、取りかかれない仕事、今日こそは…、と心を決る。
リビングの吹き抜けに下がる「イサム・ノグチの灯り」。1991年、山小屋を建てた時から、31年、ともに過ごして来た。この間、埃を払い掃除をしたのは数回…?明るい中で見ると、埃の積もり方におののく。これから暑くなり、高窓を開けたくなるのに、この状態は、すっごくマズイ!「外すのが面倒」と言っている場合ではない…、と。

二連梯子をかけて、おっかなびっくり取り掛かる。
4メートル超の位置から外し、ベランダに出す。掃除機で埃を吸い込む。注意していたのだけど、破れた!和紙もかなり劣化している。ハケで払い、コロコロを転がし、埃を取る。破れた箇所は、コーヒの濾紙を再利用して応急手当て。新たに買い替えたい、とネットで調べるも、同じモノが無い。代替を探したが、ピンと来ない。自分で貼り替えるしかないか…。まあ、とりあえず、埃はとった。暑くなったら高窓は開けられる。

影を遊ぶ。

ササユリ二輪、道端に見つける。

ビフォー。

アフター。


2022年6月29日水曜日

「眼鏡忘れた!」「かけてるよ〜」

16℃の朝、青空が広がり、眩しい陽射し。
梅雨が明け、各地の気温は真夏のような暑さ…、とテレビで報じている。ここも11時半には24℃。ヤマモトさんは草刈を始めた。私たちは暑い中に下りていく。目的地は、信大病院口腔外科。その前に、12時半に予約を入れたブエナビスタ一階の聖紫花で昼食。私はジャージャ麺、カミさんは海鮮入り焼きそば。カミさん、松本へ向かう車中、眼鏡ケースを開け「アレ眼鏡が無い、何処に置いてきたかな〜」と焦っている。「ん!眼鏡かけてるよ!」と私。海鮮入り焼きそばも「食欲がな〜い」とハーフにしてもらった。かなり緊張している。

1時45分診療受付。予約時間の2時に呼ばれて、順調に2本抜歯してもらった。
院外の薬局で抗生物質と痛み止めの薬をもらって、まっすぐ帰宅。里の気温33℃。砂防ダム付近から下がり出して、4時、我が家に到着して25℃。ホッとする。家に入る前に植物たちに水やり小一時間。

朝から強い陽射し。

帰って植物たちに水やり。


2022年6月28日火曜日

まずは知ってもらう事。

午後に入り、陽射しは強くなった。
影とのコントラストが強い。「夏の陽射しだね…」とカミさんと木陰の中をブラブラ。心地よく風が通り抜けていく。ヤマモトさん家のササユリが咲いたのが遠目に見えた。被害にあわなかったモノが十数本、残った。ウチのも玄関側に6本。無事に咲いて、種を残して欲しい。

頼まれていた単行本のデザイン、午後一でメールしてフィニッシュ。
地元の印刷屋さん、企画編集のTさんから。お付き合いを始めて、20年以上が過ぎた。2000年、移住を計画して、地元でのデザインの需要を調べるため訪ねた企業の一つ。対応してくれたのがTさん。市場調査は芳しくなく、移住は、10年を待つことになる。2010年、ようやく移住。

移住後、何で生計を立てるか…。大きな問題。
ここ、清水高原別荘地に移住者を増やしたい。それも「モノづくり」する人。自分の経験を踏まえると、難しい…、という認識はあるのだけど。でも「すごいな〜」と思う若者、メディアで見たりすると、案外いるかもしれない…、という想いと半々。そんな想いを持って「まずは知ってもらおう…」とブログとFBで「清水高原別荘地」を発信している。加えてアナログプチメディア「Tunagu]」を準備中。

朝の外気温15.5℃。夕方、24℃。


ニガナ、花盛り。

オダマキ、咲き始めている。

5本のツノのあるフェルトの帽子なんて面白そう。

ニシキギ。

マユミ。


2022年6月27日月曜日

ささやかな祝いの昼食会。

カミさんの誕生日のお祝いに、お昼を食べに松本まで。
11時10分、家を出て里に下りる。291号線に出て、和田、鎖川橋を通り、月見橋を右折。19号線を横切り、やまびこ道路を行き、千鹿頭池入り口に店を構える「ベル・リビエール」へ。22キロ、50分。丁度予約時間の12時に到着。やまびこ道路は今日も渋滞。

ベル・リビエールは、アスパラを作るセイさんの紹介。
当時、取引先に「美味しい店がある!」と紹介されて、行くようになった。行くと言っても、年に1〜2回、多くて3回?。それでも顔を覚えていてくれるので、今回のようなイベントでは利用させてもらっている。いわゆる「洋食屋さん」。ランチメニューは、お手頃値段で食べられるのが良い。カミさんは「ハンバーグランチ」私は「豚肉のトマトソース煮ランチ」。オードブル、サラダ、コンソメスープ、食後、プチデザート、コーヒーが付く。パンかライスを選べる。ささやかなお祝いだけど「美味しかった〜!」と満足そうなカミさん。良かった。

帰りはアイシティに立ち寄り、プレゼントとケーキを買って帰宅。
里は暑かった〜!アイシティで31℃。我が家は21℃。

オダマキ。

オオバギボウシの蕾。

ウツボグサがソロソロ。

仄かな匂いを放つ野バラ。

ベル・リビエールへ向かう。


2022年6月26日日曜日

届けモノでコミニュケーション。

14℃、散歩には良い気温。
訪ねるのに間が空いたタカハシ家、2週間ぶりにクーが呼んでいる。村の広報を届けがてら立ち寄る。変わり無く元気。「ササユリの被害はなかった?」と聞いたところ「無かった」との事。「夜は動きに反応するライトと赤く点灯するライトを点けている」それがが功を奏しているのか…。「あ〜、ウチも来年は、それ付けよう」。そして、ヒラノ家に。広報を渡し、立ち話。タマエさん、体調を崩したのは心配。早く元気になってね!ウチもそうだけど、お互い体調が万全でないと気掛かり。元気でいたいので、早寝早起きで、睡眠は十分にとるようにしている。そして朝のストレッチと散歩は欠かさない。でも、悪玉コレステロール値が下がらないのは、どうした訳だ…。

これで六軒分の広報は届けた。
皆さんともコミニュケーションがとれた。一ヶ月の間で、偶然顔を合わせ、話す人もいる。そうでない人もいる。そんな時、届けモノがあると、話ができる良いチャンス。

樵と土木の一日。杭を作り、ビオトープの土手を少し広くした。
カミさんを誘い出し、庭ブラを小一時間。外仕事、ついムキムキになって、やり過ぎるので、良い気分転換。それでも予定はクリアした。

オダマキ。

杭を作る。

可愛いツゲの花。

少しだけ広げただけだけど、良い感じ。

上から見る。


2022年6月25日土曜日

別荘地のPR、移住促進の位置付け。

陽射しが眩しい朝、濃い影が地面に落ちる。
身体を吹き抜ける風を、心地よく感じながら散歩。午後になり雲が広がり始める。3時には青空が隠れた。午後、カミさんと庭ブラ、小一時間で気分転換。無残なササユリがかわいそう。

Tunagu一号を、ようやくまとめた。再度チェックして印刷に。
地域のプチメディア。清水高原別荘地のPR、移住促進の位置付け。制作にかかる企画、編集、ライティング、デザインは良いとして、印刷費の持ち出しはキツイ。なので「福祉活動支援事業助成金」に申請し、通ったら続けられるかも知れない…。とりあえず一号は「カタチ展」の案内をしたいので出すつもり。

私たちが移住して12年目になる。
「清水高原別荘地を元気に出来たら…」とイベントもやった。「琵琶の演奏会」は、奏者の田原順子さんの不調で休止。「アートフェス」はコロナで休止。再開するつもりでいたけど、この3年間で、仲間の旗振りをする程のモチベーションが残っているのか、自信がない。出来るとしたら、一人で気ままに出来るコト。試しに、二年間、削り出したモノたちの展示即売会を、山小屋でやってみる。このあとTunaguは、人を取材し、清水高原別荘地のコトを少しでも知らしめて行けたら…、と思っている。







2022年6月24日金曜日

コミニュケーションの行違い。

「金曜日は買い出しの日」は、だいたい定着している。
それで、今日も里へ。出掛けに、外に出ていた山本さんとご挨拶。「ササユリ、大丈夫でしたか?」と一番に問われた。私も気になっていたコト。「全滅です!」「ウチも南側20本ほどが全部やられました!」お互い、口惜しさを口にする。やはり犯人は特定できず。せめて残った玄関側は無事でいて欲しい!

横山医院、図書館、役場、コンビニ、郵便局と周り、アイシティに11時半。
私はガソリン補給24リットル(@173円)。買い出しが終わったのは12時半を回ったのでジラソーレカフェで昼食。キノコとタラコのスパゲッテイ、を頼んだはずなのに出て来たのは、何か違う…。頼んだものと違うんだけど…、とクレーム。似たようなキノコとベーコンだった。丁寧に謝られ、直ぐに作り直してもらえたので良かったが…。伝票には「キノコとベーコン」と書かれていたようだ。コミニュケーションの行き違い。こちらも悪かったかも、と反省。たらこが入荷せず、二度ほど食べ損ねていたので、ここで食べ損ねたら、しばらくは敬遠したかも…。この後、バーゲンに釣られ、たまに買うお店をのぞき、ズボンを購入。

帰って、もらってきた広報を届けに。
外に出ていたモモセさんに渡し、立ち話。ナカガワ家に周る。一ヶ月ぶりなので、お喋りが止まらない。こうしたコミニュケーションで、話題が多岐にわたり、知らない情報を仕入れられ、刺激ももらえるるのは嬉しい。距離も縮まる。昨日のブログを読まれたみたいで「マイクロバスでなくても、8人乗りのワゴン車で充分ですよ」の指摘は当たり〜。私もイメージではその辺りを思っていたのだけど、すぐに思い当たらなかった。こう言う指摘は有難い。

ビオトープのオタマジャクシに足は未だ。

散歩から帰り、庭を一回りして家に入る。