2022年1月18日火曜日

谷川俊太郎の新刊、読みたい。

−9度、曇りの朝。
メイン道路の村道は、昨日の雪で、除雪車が上って くれたようだ。その後で15ミリの積雪。タカハシさんの轍が残る。南の山並み八ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、北岳、木曽駒ヶ岳は雲に遮られて見えない。帰って7時40分。往復50分の散歩。雪道は少し時間がかかる。

帰って、テレビに谷川太郎さんが出てて、思わず見る。
短時間のインタビュー、新刊の紹介を兼ねて。「虚空へ」、一節が紹介されてて、気持ちに刺さった。「老いて 一日は 旅  朝から 昼へ 己に 躓き  … 」(老いて一日は)読みたい!。図書館で入れてもらおう。90歳の谷川さん、現在の気持ちが自然に出てきた、と、語られていた。

脳下垂体腫瘍の術後13年目。
オミクロン株の急激な感染で、躊躇していた検診の予約。昨年はパスしたこともあり、前半の6月までは行きたい。電話し、予約を入れる。5月で取れた。状況によっては、キャンセルもあるかも知れないが…。土地勘のある渋谷のホテルも予約。5月までは減少に転じてほしい。

尾根筋の道から、朝日村、塩尻を望む。里も白い。

雲に阻まれる日の出。

私は、何時も裏口から出入り。

朝のベランダの様子。


2022年1月17日月曜日

滑って転んで…。大事無い。

−5.5℃。山並みは雲に阻まれて見えない。
それでも辛うじて見える編笠山の裾野。そこから日の出の光が溢れ出た。その陽射しもやがて上に横たわる雲の中に消えた。

新たに2センチほどの雪に引きずるような自分の足跡。
多少の自覚はあったけど、これはマズイ。意識して足を上げて歩く。振り返っては足跡を確認しながら…。帰りの下り坂、油断した。雪の下に隠れた氷の上を踏んで滑り、転倒。軽く後頭部を打ったけど、大事ない。自分では「若い」と思っていても年相応に老化は進んでいるようだ。「過信してはダメよ…」とカミさんには何時も言われる。気を付けなくては…。

物置のワークスペースで、ひたすら枝を削る一日。
試行錯誤し、オモシロイと思えるカタチを探る。ここは暖房設備はなく、寒いのが難。

辛うじて雲から免れた編笠山の裾野から日の出。

タカハシさんの軽トラの轍。

折り返し点で、渦巻きを描く。


2022年1月16日日曜日

南に見える山並み。

快晴の朝、気温−7℃。
八ヶ岳連峰、甲斐駒ケ岳、北岳、木曽駒ケ岳に続く山並みを見ながら歩く。八ヶ岳連峰、北端の蓼科山のカタチが富士山に似てて好き。雲海に浮かぶのを見て、富士山…?と勘違いした人がいたほど。南端の編笠山も、なだらかな裾がいい。冬の日の出は、その裾野から位置を少しづつ変えながら出る。今朝は7時4分。北に動き、頂きに近づきつつある。

唐沢のAくんの足跡。暗いうちに駆けて来たのだろう。
クーの呼ぶ声が聞こえない。休んでるのを邪魔しても悪いのでパス。

物置のワークスペースで、ひたすら木を削る。
何が出来るか…、取り置きしてあった枝、木片を使い、いろいろ試してみる。

夜明け前の八ヶ岳連峰。

蓼科山。

長い裾野の編笠山。

甲斐駒ヶ岳からV字に落ちて北岳。

甲斐駒ヶ岳、北岳。右端が木曽駒ケ岳。

木曽駒ケ岳。センター左。

オモシロイ、オブジェ。



2022年1月15日土曜日

冬至を過ぎても日の出は遅れる。

晴れて、−10度の朝。
日の出との対面、7時3分。私が日の出が観れるのは、一年のうちで、それ程は無い。真冬の期間だけ。腕時計をするようになって気がついた。冬至が過ぎて日の出が早くなるものと思っていた。ところが、遅くなっている…。ネットで調べたところ、それで、いいらしい。でも、そろそろ折り返す頃かな。冬至は、生憎の曇りで、前の日の12月21日、6時55分。まだ暫くは、晴れた日に、日の出を拝める。

日の出前の八ヶ岳連峰。

太陽が顔を出す前の空がキレイだった。

ウサギの足跡。

モビールに朝日。

取り置きの木の枝の一部。
思いの外、虫に犯されていた。




2022年1月14日金曜日

管理組合の新しい除雪機。

新年早々に予約を忘れていた。
高齢者講習が今日の9時からなのを、電話をもらって気がついた。除雪をしないと出れない状況ではあったのだけど…。2月に予約を取り直した。忘れないようにカレンダーに書き込む。認知症の講習は問題なかったと言うのに…。とほほである。

20分も寝過ごして、7時過ぎて散歩に出る。
朝、−10℃。メインの村道は、キレイに除雪されていて歩きには問題ない。夜半には雪は止んだようだ。雲に取り囲まれて、遠くの山並みは見えない。

朝食後、陽射しが出たので雪掻きに出る。
ブリッジを掻いて、クルマの雪を落とす。昨日、買出しから帰り、ワイパーを立てるのを忘れていた。しっかりガラスに凍りついている。村道にモモセさんとナカガワさん…。朝の挨拶をして、話をしていたら管理組合の除雪機が上がってきた。数日前は消火栓前の除雪がされていなかったので、心配してたけど、今回はキレイになって、良かった。カッコイイ除雪機。大いに活用してほしい。トラクターのベースに除雪機をオプションでつけたため、前後に長い。そのため小回りが効かなくて、扱いにくいかも…。

思えば前任者のタケノイリさんは大変だった。
同じトラクターがベースなのだけど、後ろに取り付けてあるため、バックの運転。さらに座席が高く、調子の悪い腰には応えたようだ。なのに良くやって頂いた。長い間、ありがとうございました。そして、お疲れさまでした!

メインの村道はキレイに除雪されていた。

除雪前。


新品の除雪機。カッコイイ。

前後に長い。その分小回りが効かない。
前任者のタケノイリさん、扱いにくい除雪機で
よくやってくれた。感謝。


除雪できなかった所をスコップでキレイに。

キレイになりました。


2022年1月13日木曜日

予定を繰り上げて買い出し。

−8.5℃。風は随分弱まった。
Aくんの足跡…、今朝早く来た…?でも、昨日の足跡と同じような雪の被り方…。まさか、昨日2度も来る…?。などと足跡に想像を膨らます。山並みは雲に遮られ見えない。帰り道、雲の上に太陽が顔を出した。青空も広がった。TVの予報は、午後から明日にかけて大雪の予報。

急遽、一日繰り上げて、買い出しに下りることに。
床暖房のボイラーの灯油タンクにポリタンク一本(18リットル)を補充。すでに空になったモノと2本をトランクに積んで出発。チラ、チラと雪が舞い始めた。スカイランドから下も道路に雪が残り、凸凹に凍っている。その状態は砂防ダムまで。そして、唐沢から先に雪は無い。私は横山医院から、図書館へ回りカミさんと合流。

ガソリンは先週より4円アップで163円、灯油は97円、こちらも4円アップ。
アイシティでカミさんと合流し、買い出しを済ませたら1時。ジラソーレカフェで、代わり映えなく、昼食。たらこソースのスパゲティとメーラヴァニッリャ。ややこしい名前のりんごの薄切りされたモノが載ってるピザ、少し甘い。カミさんのお気に入り。取り皿をもらい、分け合って食べる。私も4分の1くらいなら美味しくいただける。

セール中なので、お店を覗き、二人の衣類を購入。
外は、既に降り出して、唐沢から先は白くなっている。降り方は、山に向かうほど強い。家に着いたら、もう5センチくらいの積雪。

朝は、まだ陽射しも出た。

3時の帰宅時は厳しい降り。夜も降り続いている

木っ端が面白い。


2022年1月12日水曜日

清水高原の除雪は2本立て。

−9℃の朝。雪は止んでいる。昨夜来の強風が吹き荒れる。 
道路には小枝が散乱。村道は除雪されていた。夜中に上ってもらったのか。積雪3センチ。タカハシさんの轍が残るのみ。丁度、折り返し点で、里かから走ってきたAくんと遭遇。とても久しぶりで、嬉しくなる。「元気だった?」と声を掛けて、少し言葉を交わす。今日は仕事は休みなのでこの時間。いつもは暗い時間に来ると言う。走るのが好きで堪らないのだろう…。喋りが苦手のようで、私も接ぎ穂がなくなり「滑らないよう気をつけてね!」と別れる。

曇り空は、昼近くになり陽射しと青空が広がる。ただ、強風は続く。
音が聞こえてきたのは管理組合の除雪車、かな…。昼食を済ませて、様子を見に出る。ここまで除雪をしてもらえるのは有難い。清水高原別荘地の除雪は2本立てになっている。メインの村道は、村からヤマジンが請け負って除雪。そこから更に側道がある。これも村道のはずだけど…。これは管理組合の管轄らしい。この側道の除雪のためだけに、今季から新品の除雪車を導入した。冬の別荘地に来る人たちは限られているのだけど…。管理組合では、そこそこ高い買い物。今更蒸し返しても詮無いので、言わない。十分に活かした除雪、お願いします!

まだ雲に覆われた朝。

夜中に除雪された村道。強風で、小枝が散乱。

側道の除雪は、まだ。

除雪車が来たようなので、様子を見に出る。
ついでにスノーシュウを履いて道を付ける。

朽ちた栗の木。肌の模様が面白く、削ってみた。