2024年7月22日月曜日

片付けと杭作り。

強い陽射しが影を落とし、早くもアキアカネが飛び交う。
夏らしい朝、窓を全て開ける。淀んだ部屋の空気が、外からの微風で動き出す。散歩で一汗。別荘のヤマモトさんと、20分ほどの立ち話で一息。午前中、里の真関歯科へ。歯の定期検診。午後は、片付け。チェーンソウを使い唐松の枝を杭に。4時には切り上げる。夕食はナスが食べたくて、ネットでレシピを調べ「とろとろナスの甘酢がらめ」を作る。簡単おいしかった。

朝の散歩。

外を眺めながら朝食。

お昼はソーメンとちくわとコンニャクの田舎煮。

カラマツで杭が何本か出来た。

夕食は「とろとろナスの甘酢がらめ・


2024年7月21日日曜日

私の場合は妄想だけど‥。

曇り時々晴れ、の1日。
5日分の洗濯をしていたら、午前中が終わった。昼食はアヒージョ。先日、朝日村の「ふじもり」の玄関に並べてあったズッキーニ、安かったので買ってきた。これをメインに。こんにゃくが食べたくて、夕飯は、ちくわとコンニャクの田舎煮。

寂れてしまった清里の再生に乗り出した人達のドキュメントを見た。
「ブームが去ったのは、ビジョンがなかったからだ」と、ある人が語っておられた。そうだよな〜、と共感。ビジョンは大事だ、と思う。

ベランダに栗の花。今年も豊作かな。

朝食。

昼食。

竹輪とコンニャクの田舎煮。いただいたモロッコインゲン。
きゅうりの白昆布和え。


2024年7月20日土曜日

カミさんの一周忌法要。

7時前に家を出て糸魚川に向かう。
カミさんの一周忌の法要を、6日遅れで実家の菩提寺で。カミさんの兄クニオさんを乗せて出発。酷い雨の中を走る。幸い糸魚川に着くと、雨は上がり、青空に。前後して弟ファミリー4人も到着。菩提寺は日蓮宗。10時半から1時間、しっかりお経を詠んでもらう。終了後、「漁場・伝兵」で会食。美味しい魚料理をいただいて解散。弟ファミリーは昭島に。我々は山形村に。アイシティに回り、夕食をを食べて帰宅。クニオさん、お疲れさま。

姪と甥から「さっき着きました」とLINEが入った。
お疲れさま。嬉しかったよ〜。

雨飾。


2024年7月19日金曜日

週一の買い出し。

時々雨、の予報は外れ、明るい曇りの一日。
買い出しで里に下りる。図書館に寄り、本の延長。随分久しぶりにお会いした人と、少しお喋り。その後、お二人の司書と喋り。お喋りは、私を元気にしてくれる。郵便局に立ち寄り、GSに。洗車と給油。13日からオープンした「いもっこ」に。半年ぶりに看板娘3人に再会。ちょびっとお喋り。みんな元気でよかった。12月まで美味しい野菜が楽しみ。よろしくね。アイシティに行き、ドンクでフランスパン2本、他食料。つるやでも食料。サボテンのサンドイッチで昼食。その後本屋に回り、注文してあった本を受け取って帰宅。

別荘の友人ツネマツさんが訪ねてくれる。
ひとしきり、お喋り。ベランダに花があって、誰かと思ったら別荘のヤマモトさん。電話を頂いて判明。カミさんへのお供えとして。ありがとうございます。

夕食はクニオさんを誘って、手巻き寿司。
シェアするには少ないかな、と思われたけど、いもっこのとうもろこし、クニオさんが持ってきたシュークリームで、お腹はいっぱいになった。

朝の散歩。

ギャラリーよりさんからの案内。
渋谷区上原3-25-2/☎︎03-3467-3933

あべおさむ 絵の世界
かんてんぱぱ安曇野ギャラリー/☎︎0263-76-5140



2024年7月18日木曜日

伐採した木の枝の処理。

雲が割れて青空に。陽射しも出て、気温が上がってきた。
たまらずに窓を全て開け、網戸に。気持ちよく風が抜けていく。つなぎに着替え、1時には外に。ヒロシくんに伐ってもらった木の枝の処理、3時半まで。次は薪小屋の前に運んで、杭にしたり、薪にしたり‥‥、の作業。

カミさんの従弟から、線香のお供えがカミさんに届く。
ありがとう!みっちゃん。15日から何回か来てもらったらしい。15には外出してたけど、以降は在宅してたのだけど、ノックの音が聞こえなかった。庭にも出ていたし‥‥。何か方法を考えなくては。再配達をなくそう、と言う動きがあるのに、配送屋さんにも申し訳なかった。

お昼はソース焼きそば。夕食は豚肉とズッキーニのトマト炒め。

散乱してた枝、小枝を土留めの上に。

スッキリ。

お昼、ソース焼きそば。

夕飯は、豚肉とズッキーニのトマト炒め。




2024年7月17日水曜日

水道の民営化には疑問。

あ〜!焦げ付いた。
昨夜からの続きで、朝食の準備をしながら煮詰めいた「実山椒の佃煮」。朝食を食べていて忘れた。幸い食べられる。ちょっと苦いところもあるけど‥。

眠い‥‥。昨夜は珍しく夜ふかし。
もう少しで結末。もう少し、もう少しと‥11時。吉田修一「ウォーターゲーム」。水道事業の民営化に題材を得た小説。山形村の広報で以前、民営化の話が上がっているのを目にし、疑問に思ったことがある。生きていく上で欠かせない水を、利益優先の企業に任せていいものなのか。小説でも語られていたけど「貧乏人は水を飲むな、と言うことか」と。支払いが滞納すると、電気は止められるけど、水は大丈夫、と聞いたことがある。それが簡単に止められる事態になったら‥、生きてはいけない。

お昼は、青梗菜、ソーセージを使った野菜炒め。
仕上げに実山椒の佃煮をパラパラと降って、てきと〜に作った割には、美味しくできた。夕飯は親子丼。

朝の散歩。

トラノオ。

実山椒の佃煮。

青梗菜炒め。

夕飯は親子丼。

2024年7月16日火曜日

実山椒の佃煮を作る。

雨で明けた朝。
散歩の途中、下ってきた狐。私の姿を見ると、慌てて後戻りしてもりの中へ。普段は気が付かないけど、動物たちと共生。午前中は洗濯。お昼はガーリックトーストのつもりが、朝のサラダの残りがあったので、ハムとチーズを重ねてサンドイッチに。雨が上がったので、午後は実山椒の採取。房から実を離す下処理にえらく時間がかかった。水で洗い、茹でて、冷水で晒し、これから夜なべして佃煮に。夕飯はケチャップでエビチリ。

朝の散歩。

朝食。

実山椒を採取(房の状態)。

房から実を離した。ここまでが大変。

茹でて、冷水にさらす。

夕食にエビチリを作る。


2024年7月15日月曜日

アートは、人を元気にする。

降りそうで降らなかった一日。
予報では雨だったので、レインコートを着て出かけた。クニオさんを誘って、「朝日美術館」で開催中の「こっぱ人形ってなぁに?」を見に行ってきた。名前は聞いていて興味があった。美術鑑賞は人を活性化させる、らしい。私も好みのアート(現代アートが多いけど‥)を見ると元気がもらえていたから、うんうん、と納得。

私の中で、朝日美術館とセットになっている「蕎麦ふじもり」さんへ。
人気店なので、美術館の後では蕎麦がないかも‥‥、と先に「ふじもり」に向かう。既に駐車場は満杯。幸い一台分の空きがあった。まだ11時半を少し過ぎたくらいなのに。名前を書いて、待つこと1時間15分くらいだったか。二人して玄ソバの並とニシンの柔らか煮。いずれも美味しかった。一年以上訪ねてなかった。女将さんも店に出ていて、少しお喋り。


オレガノとミント

茗荷。

フレンチタラゴン。

そばふじもりの外観。

玄ソバとニシンの柔らか煮。


2024年7月14日日曜日

想ってくれる人達がいる。

一年が過ぎた。
晴れて、蝉の鳴き声が姦しい昼だった。今日は雨。ヤマモトさんが「一年が経ちましたね」と線香を持ってきてくれた。ヒロシ君がお花を届けてくれた。想ってくれる人達がいる。良かったね。「夕食を一緒に食べようよ」と義兄を誘った。1.5時間掛けて作った野﨑洋光さんのレシピで「肉じゃが」。少しだけアレンジしたけど美味しく出来た。カミさんにも食べさせたかったな‥。





2024年7月13日土曜日

カミさんの友人から。

一年が巡ってくる。 
カミさんへの供物を買いに里に下りる。気になっていた映画も見る。2週間限定でアイシティシネマで上映されている「ハロルド・フライのまさかの旅立ち」。カミさんへの想いと重なるところでは泣けた。治療にチャレンジしなかった事。もし‥、を思っても仕方ない、のだが。潔かったカミさん。それが、余りにも早かったことが悔しかった。

アイシティ内のハマ園芸でバラを5輪。赤、ピンク、黄色、白、薄紫。
それと好きだったスイーツ。夕方、かみさんの友達Sさんから荷物が届いた。開けて見ると命日に合わせて、お供えの線香。メッセージも添付されていた。サプライズ!良かったね。想ってくれる人がいる。私も嬉しい。ありがとう!Sさん。

夕食は、鶏胸肉と野菜の梅バター蒸し。美味しい。



2024年7月12日金曜日

気分が不調。

雨で明けた朝。
買い出しの日。里に下りる。図書館に寄り「ウオーターゲーム」を延長してもらう。何時もの調子が出ない‥‥。どうした!、気分が乗ってこない。アイシティ、つるやで買い出しの後、田吾作のおこわで昼食。本屋により、本を注文。セール中で店内をブラブラ。二点買い物。懐かしい顔、声を掛けて、少しだけ立ち話。チーズケーキを買う。帰り際に買おう、と思っていたカミさんのお花、買い忘れる。チーズケーキだけね。ナナちゃんの顔を見て立ち話。色々家に手を入れる事を考えている。つい茶々を入れる。自分で考えるのが楽しいのにね、ゴメン。クニオさんの車がない。今日は来ないのかな‥‥。それとも渋滞に巻き込まれた?

朝の食卓。

夕飯は手巻き寿司。

暮れてきた。


2024年7月11日木曜日

雨、降ったり止んだり。

うわ〜、暗い!、と思う間もなく雨に。
少し明るくなってきたかな‥‥。弱くなり、止む。こんな繰り返しの一日。午後、朝日美術館行こう。行くなら「ふじもり」の蕎麦を食べたい、と調べたら生憎の休み。別の日に。カミさんの一周忌に向けて、準備、電話連絡などで、午後が過ぎる。夕食は豚肉の甘辛ソテー。頂いたインゲンの塩茹で、トマトを添えて。夕食の片付けをしていたら、タカシシマさんから電話をいただき、清水高原の事を少しおしゃべり。「来週には登っていきます」との事。下界の暑さを逃れ、一月ほど滞在される予定とのこと。夏、ここは別天地。




2024年7月10日水曜日

伐採した木の片付け。

洗濯は昼まで押してしまった。
FBをアップして、昼食は焼きそば。時折パラパラと振るものの、まだ本格的ではなさそうなので、外へ。ヒロシ君に伐ってもらった木の枝を片付ける。2時から1.5時間。4時過ぎて降り出し、本格的になった。風も出てきた。夕飯は、焼きケチャップえびちり。






2024年7月9日火曜日

死んだ後のことを考える。

お昼前に家を出て里に。
酷い砂降りになり、これが続くのか?と心配になったけど、程なく弱くなり、止んだ。郵便局で用を済ませ、蕎麦カフェで昼食。他の蕎麦屋さんが休みの為か混雑。何時ものカウンター席が空いていたので良かった。昼食を済ませ、図書館に。教育委員会で清水寺の保存会費を納め、「信濃四十七番・西山清水寺」のお札をもらう。

1時30分、議員さん、Tさん、私の3人が揃った。
なろう公園墓地に、お墓を必要としない人のための樹林葬、合同葬などの区画を作ってもらうよう、行政に働きかける為、集まった。供養の仕方が様変わりしているように感じている。墓仕舞いする人も多い、と聞く。同時にお寺さん離れも‥‥。「葬儀のためのお寺」としてやってきた結果。本来、生きてる人の為の寺、だったはず、だと言う人がいた。うんうん。

カミさんは手元供養にしようと、粉骨で遺灰にした。
友人のきぎ工房のカタギリさんに、小さな仏壇を特注。そこに位牌と粉骨して小さくなった遺灰を納めて、語りかけている。しばらくは、このカタチで。私が死んで、樹林葬が出来たら、遺灰にしてカミさんと埋葬してもらおう。樹林葬が出来てなかったら、散骨かな‥‥。遺灰にして埋葬でなく、まくのは何の問題もないそうだ。自分の敷地内なら、だけど。

巣箱が二つ。一つはよく見ないと見つけられないかも。

時間を見て、伐ってもらった木を片付けなければ。

夕食は。豚肉の梅照り焼き、焼きとうもろこしご飯を
ワンプレートで。肉は焼きすぎた。

「きぎ工房」に特注した仏壇に「手元供養ショップ・木漏れ日」
の杉の木箱に入った遺灰が納まった。